お問い合わせはこちら 0480-61-8600
お問い合わせはこちら 0480-61-8600
小児歯科

小児歯科PEDODONTICS

小児歯科とは

こどものうちに矯正治療を受けるメリットは?

子どもたちのための治療を行うのが小児歯科です。子どもを専門・中心に、予防や保健指導、治療をします。

個人差がありますが、乳歯が生えてくる時期は生後6~8ヶ月頃で、生え揃うのは3歳頃と言われています。本数は上下10本ずつの、合計20本です。

乳歯は永久歯と比べエナメル質や象牙質が薄く、歯の結晶が未熟で柔らかいという特徴があります。

また、中の神経の入っている空間が広いです。なので、永久歯よりも「虫歯になりやすい、虫歯が進行しやすい、虫歯が重症化しやすい」という特徴がみられます。

乳歯は抜けるから大事にしなくてもいい?

乳歯は抜けるから大事にしなくてもいい?

「乳歯はどうせ生え替わるから」という考えはまちがいです。

乳歯を健康に保つことは、健康的な食事や発音、お子さんの正常なあごの成長発育、永久歯の正常な歯並び・噛み合わせに欠かせないものです。

また、乳歯の虫歯が進行し根の先まで細菌感染が起こると、永久歯の発育・萌出などに影響が出ることがあります

なので、小児歯科で乳歯の管理をすることは、とても大切なことになります。

予防を中心とした小児歯科を

予防を中心とした小児歯科を

乳歯も永久歯も虫歯の治療に大きな違いはありません。穴が開くような深いむし歯は削って型を取り、金属のかぶせ物を入れたりします。

いずれの処置も麻酔をして治療することが多く時間もかかりますので、子どもさんにとっては心身の負担となってしまいます。

虫歯になるとどうしても痛みを伴う治療が増えますが、虫歯にならないよう予防する処置には痛いものがありません

小さな頃から予防のために歯科に通われると、大きくなった時に歯医者が苦手という意識を持つことも少なくなります。

そのような観点から見ても、小児歯科に通うことのメリットはとても大きいのです。

フッ素塗布について

フッ素塗布について

フッ素塗布は健康な歯に対して、虫歯予防を目的に行われる処置です。フッ素は市販の歯磨き粉やうがい薬にも配合されており、様々な形で応用されています。

クリニックで行うフッ素塗布は、歯に直接高濃度のフッ素を作用させるので高い効果が期待できます。

フッ素には歯質を強くするほか、ごく初期の虫歯を治したり、プラーク中の細菌が酸を作ることを抑制するはたらきがあります。

乳歯が生えてきた乳児期のお子様から成人、老年期のかたまで、幅広く応用できる処置になります。

シーラントとは

シーラントと

シーラントは、歯の噛むところにある溝(小窩裂溝)に、プラスチックに似た特殊なフッ素入りの材料を詰めて、その場所に虫歯の原因となるプラークが入ったり溜まらないようにし、虫歯の発生を抑えたり、初期の虫歯の進行を食い止めたりする方法です。

主に乳歯の奥歯や、生えて間もない永久歯の奥歯などに用いられます。

乳歯や生えたての永久歯は歯質が弱く虫歯になりやすい上、低年齢のお子様への歯の治療は困難なこともあり、精神的な負担を強いてしまうケースもあります。

シーラントを行うことで、その部分の虫歯の発生を予防し、痛みを伴うような虫歯治療を未然に防ぐことができます。

ページトップ