ホーム > ブログ > より良い開発

より良い開発

こんにちは。埼玉県加須市馬内にありますハプラス歯科の院長、林です。

 

現在、勤務している成田歯科医院では週1回、診療後に歯科衛生士さんと一緒に合同の勉強会をしています。

先日の勉強会では接着がテーマでした。

虫歯になるとプラスチックやセラミック、金属などで無くなってしまった部分を補います。

その際、接着剤を使用するわけですが、、、机の上で紙と紙を接着剤で着けるのとは違い、お口の中は、唾液や歯周ポケットから出てくる液体(滲出液)が詰め物の接着力に非常に影響します。

そのため、歯科ではより良い接着剤が、日々、開発されています。

常に勉強して、より良い歯科医療を提供できるようにしたいです。

 

開発といえば、「ガイアの夜明け」でも紹介されていましたが、食用に向かないムラサキウニに廃棄する予定のキャベツを食べさせて美味しくしたり、石灰石からなかなか破れない丈夫な紙を作り、プラスチックの代用としたりと、、、環境への配慮をした開発があるのをを知りました。

素敵ですよね。こういう研究大好きです。

この紙「ライメックス」はスシローのメニュー表にも対応されているみたいです、今度スシローを利用したらチェックしたいと思います。

 

 

写真は先日のハプラス歯科の様子です。

早いもので2階まで木組みができてきています。みなさんにお会いできる日を楽しみにしています。

投稿日:2018年6月10日  カテゴリー:お知らせ